目的と制度設計

(1)目的

教員免許更新制は,その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう,定期的に最新の知識技能を身に付けることで,教員が自信と誇りを持って教壇に立ち,社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。

 

 

(2)基本的な制度設計について

修了確認期限前の2年2か月前から2か月前までの2年間に,大学などが開設する30時間以上の免許状更新講習を受講・修了した後に,免許管理者(都道府県教育委員会)に申請して修了確認を受けることが必要です。

修了確認期限の延期が可能な理由に該当する場合や,講習の免除対象者に該当する場合には,それぞれ必要な手続きを行う必要があります。


☆文部科学省の下記ページもご参照ください。
教員免許更新制についての説明や,全国の更新講習開催情報が掲載されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/index.htm