平成27年度教育実習関係スケジュール

 

平成27年度に4年次で教育実習を履修する予定の法文学部生,総合理工学部生,生物資源科学部生対象です

 

年次 日程 内容
2年次 平成
25年
12月

教師教育研究センターで教育実習・介護等体験登録を行う。

 ~中学校の免許状取得希望者は「介護等体験」の登録を同時に行う。
※総合理工学部数理・情報システム学科の数理分野の学生は4年生での体験となるため、平成27年度介護等体験を申し込む。(情報分野の学生は通常通り3年生での体験となり平成26年度を登録する。)

平成

26年

1月
29日

教育実習説明会出席 「教育実習履修願記入例」等を受け取る。
説明会後、教育実習履修願の様式をダウンロードすること。
(島根大学HP→教育学部→教師教育研究センター→学生の皆さんへ→教職課程→教育実習)
なお、「教育実習履修願記入例」を参考にして記入すること。
2月

麻疹の抗体検査を必ず受検する。

2月28日(金)11:00~14:00 大学会館3階大集会室

 ※当日 2,500円徴収します。

春季
休業
期間

実習希望校(母校)へ挨拶に行き、平成27年度教育実習の受け入れを打診する。
その際、夏季休業期間中(8月)に大学からの依頼文書を持って、改めて挨拶に伺うことを伝える。

 実習期間については

   ・中学校免許希望者 4週間

   ・高 校免許希望者 2週間

 とする。ただし、中学校免許希望者で実習校の都合により、3週間となった場合は、病気等で万が一欠勤した際の代替日等の依頼をしておくこと。

 
※5月頃に申し込みを締め切る学校もあるので、よく確認しておくこと。

 大学からの依頼文書が早急に必要な場合は、教師教育研究センターに申し出ること。(依頼文書は7月上旬頃に配布予定)

 

※生物資源科学部の学生で、実習科目として「農業」を希望するが、母校が普通科のため教育実習の受入れができない場合、協力校(松江農林高等学校・出雲農林高等学校)に打診すること。ただし、松江農林高等学校を希望する場合は、4月以降に連絡すること。

 

※受入れ手続きの担当が、実習希望校(母校)でなく、教育委員会である府県もあるので、手続きをよく確認した上で、要項等をセンターへ持参すること。

3年次 平成
26年
4月
(成績通知後)
修得単位数の確認
各学部毎に「教育実習履修のための最低修得単位数」が定められているので、「履修の手引」等で確認すること。
※既定の単位数を修得していない場合は、教育実習の履修を許可されないことがある。

3月~

4月

「教育実習履修願」の提出

プリントアウトし、教師教育研究センターへ提出する。 
受付期間:3月17日(月)~4月4日(金)、データ送付締切:4月4日(金)
kaigoアットマークedu.shimane-u.ac.jpまで

※指導教員の署名・押印を忘れないこと。

※手続きを急ぐ等の特別な事情がある場合は備考欄で補足しておくこと。

5月
上旬
学生委員会等において教育実習履修許可者を決定

6月上旬<中学校免許希望者のみ>
介護等体験開始(総合理工学部数理・情報システム学科数理分野の学生を除く)

※情報分野の学生は3年で体験します。

7月
上旬
大学から実習校への依頼文書等を受け取る。
夏季
休業
期間

8月中に依頼文書等を持って、実習校へ正式に依頼に行く。

※行く前に必ず電話で連絡を取ってから行くこと。

12月

「介護等体験」エントリー登録

(対象:総合理工学部数理・情報システム学科の数理分野の学生)

12月 「教育実習生調査票」用紙を受領し、作成

平成27年

1月

「教育実習生調査票」用紙を提出

(実習校が未定の場合は地図等は空欄のままでもよい)

2~3月頃 麻疹抗体検査~未受検者・陽性になっていない者は必ず受検する。
春季
休業
期間
実習校の指導担当教諭へ挨拶に行く。(連絡をする。)
教育実習の手続き、オリエンテーションの日程等について確認する。
4年次 平成
27年
4月
(成績通知)

健康診断受診

※3週間後、学生センター自動発行機で「健康診断証明書」を発行し、教師教育研究センターへ提出する。

4月
上旬
(成績通知後)
教職に関する科目の修得単位数確認
各学部毎に「教育実習履修のための最低修得単位数」が定められているので,「履修の手引」等で確認すること。
※既定の単位数を修得していない場合は,教育実習の履修の許可を取り消す場合がある。
4月
上旬
(履修登録)
「事前及び事後の指導」、「教育実習」及び「教職実践演習」を履修登録する。
4月
上旬
教育実習直前説明会出席 教育実習に必要な書類を受け取る。
4月
中旬
「教育実習に係る事前指導」受講
※これを受講しないと、教育実習は履修できない。

 4月

5月

○教職履修ポートフォリオの提出

○教職履修カルテの入力

教育

実習開始前

実習用通学定期乗車券が必要な場合は、実習開始1ヶ月前までに「学生支援課奨学支援グループ」に「実習用通学証明書申込書」を提出する。
教育実習開始 (5月~11月頃)
介護等体験開始(総合理工学部数理・情報システム学科数理分野
教育
実習
終了後

実習校へ礼状を送付する。(終了後約2週間以内に)

※送付したことを教師教育研究センターへ必ず連絡する。

7月

8月

 ○教職履修ポートフォリオの提出(対象:8月時点で教育実習修了者)

9月

10月

「教職実践演習」受講開始

※教育実習が終了していない者は2月頃に受講になるが、全員参加授業(前後2回は、先に受講すること)

11月
上旬頃
「教育実習に係る事後指導」受講
※これを受講しないと,教育職員免許状を取得することができない。
11月
上旬
教育職員免許状交付申請説明会出席
11月
中旬
教育職員免許状交付申請関係書類提出
12月 ○教職履修ポートフォリオの提出(対象:9月以降教育実習修了者)

平成
28年

2月

「教職実践演習」受講(対象:9月以降教育実習修了者)
3月 教育職員免許状受領

 

注意事項

  1. 「健康診断証明書」が必要ですので,毎年4月に実施する定期健康診断を必ず受診すること。
  2. 麻疹(はしか)の抗体検査を陽性になるまで受検すること。(2年2月の受験結果が陽性でない場合は、教育実習に間に合うように、個人負担でワクチンを接種すること。)
  3. 「学生教育研究災害傷害保険」及び「学生教育研究賠償責任保険」(学生支援課担当)、又は「学生総合共済」及び「学生賠償責任保険」(生協担当)等の保健に必ず加入していること。
  4. 「履修の手引」の教育職員免許状取得及び教育実習についての記載箇所を熟読しておくこと。
  5. 指定した期限内に手続きを行わなかった場合、教育実習の履修ができなくなるので、書類等の提出期限は厳守すること。
  6. 実習校からの事務連絡事項は,遅滞なく教師教育研究センターに伝えること。 (特に実習期間の決定や変更等は大学に連絡がない場合もあるため、必ず連絡すること)
  7. 「教育実習履修願」提出後、教育実習を辞退する場合は、直ちに教師教育研究センターに連絡すること。
  8. 教育実習及び介護等体験についての各種連絡事項は、掲示(教師教育研究センター前及び全学掲示板(教職関係))により通知するので、常に遺漏のないよう確認しておくこと。

 

平成27年度教育実習関係スケジュール【PDF】(上記内容の印刷用です)(462KB) 


平成27年度教育実習履修願記入例【PDF】(367KB)

 (必ず確認の上、教育実習履修願を作成してください。)

平成27年度教育実習履修願(公開終了)